« 夏! | トップページ | うまい棒その2 »

2006年8月 6日 (日)

俺が傍にいる

『仮面ライダーカブトGod Speed Love』&『轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE 最強のプレシャス』観てきましたよ。

ボウケンの方はバトルバトルでお子様にも優しい作りでしたが、「最強のプレシャス」って何?って事に対するアンサー=「絆」(もしくは仲間)って辺りが、説教くさくなくサラリと描かれてたのは好感がもてましたね。ゲストの扱いもまずまず良かったし、尺が短いながらも楽しめる作品に仕上がってた感じです。

カブトの方は、劇場版ライダーとしては555以来では最高に面白かったです。(個人的な意見ではありますが。)

まず、劇場限定ライダーのキャラクターの書き分けと活躍度合いがしっかり出来てたって事は評価高~いって感じですね。特に「ヘラクス」は思っていた以上に活躍したので、チョッとびっくり。(1shot2loveな『カメラ小僧』なのになぁ~(笑))後、「コーカサス」役の武蔵さんの演技にも意気込みを感じられて良かったですね。「ケタロス」は「かませ犬」っぽさとケレン味たっぷりなキャラクターっぷりが(笑)

それと、ストーリー面では一捻りしてあって、見終わってから「なるほどねぇ~そうきたか!」って感じで、劇場版単独でも楽しめるしTVシリーズを見ていればより楽しめる作品になってたのが良かったかと。

|

« 夏! | トップページ | うまい棒その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺が傍にいる:

« 夏! | トップページ | うまい棒その2 »