« 地球での名はハヤタだ | トップページ | 黒歴史 »

2006年9月16日 (土)

ストロベリーフィールズ再び

『メビウス~』でひとしきり感動した後、東京での公開初日を迎えた『海と夕日と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』を観に行きましたよ。(途中で入場したので、立ち見だったんですが。)

和歌山での先行ロードショーで観たときも思った事なんですが、中心的な役を演じる4人の女優さんと舞台となった田辺市の風景の素晴らしさが、この映画の「肝」なんだなぁ~って改めて思いましたよ。もちろん監督を初めとするスタッフ、出演者及び製作に協力された地元の方々の熱意も脱帽ものなのは言うまでもありませんが。

それにつけても、同じシーンで同じように涙がグッとこみ上げて来るっってどうよ>自分。とか思ったんですが、泣けるもんは泣けるんで仕方無いっすよねぇ(^^;

後、監督のズボンが田辺のときに履いてた「有り得ないほど破れてたジーパン」じゃなかったなぁ~とか思いましたよ(笑)

|

« 地球での名はハヤタだ | トップページ | 黒歴史 »

コメント

なんだ、モリモリさんもいらしてたんですね^_^;

上映前、監督とお話する機会がありまして、ジーンズのことを伺ったら、「ホントに破けて穿けなくなったので、白いジーンズを買った」とのこと。
隣にいた関係者の方も爆笑してました(^^ゞ

投稿: ucchi | 2006年9月16日 (土) 20時16分

ええ、いたんですね、後ろに人知れず(笑)

>「ホントに破けて穿けなくなったので、白いジーンズを買った」

って事はファッションじゃ無かったんでしょうねぇ(^^;

投稿: モリモリ | 2006年9月16日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストロベリーフィールズ再び:

« 地球での名はハヤタだ | トップページ | 黒歴史 »