« 丸ノ内TOEI2 | トップページ | 先取り »

2008年10月 5日 (日)

この時代で言うと…「田吾作」だ

と言う訳で観て参りました『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン』(&初日舞台挨拶)

電王の完結編としてこれほどふさわしい映画は無いと言うぐらい「電王イズム」(勝手に命名)に溢れた素敵な作品でした。

「絆、意思、そしてやさしさ」が本当の「強さ」なんだと、観客にも劇中のとある人物にもしっかりと伝わって心揺さぶられる辺りなどは、今まで築きあげてきた電王の世界観を見事に体現してたと思います。

さらに、イマジンの大群と「電王達」とのバトルシーンは、映画ならではの大迫力で「最後のクライマックス」感を醸し出してしましたよ!

そして、TV本編と3作の劇場版で語られてきた「野上良太郎」に纏わるお話は、その始まりと未来の展望が描かれて、キチンと完結してました。

映画上映後、舞台挨拶が行われ、登壇したのは、NEW電王、莉奈さん、桜田さん、佐藤さん、環季ちゃん、ソードフォームの4人+2キャラクターで、告知があった3人から倍増だったので、何だかとってもお徳だったなぁ~とか思った次第です。

それぞれ、劇中で気になる(気に入っているシーン)や撮影時のエピソードをお話になったのですが、「電王」に携わった方々のチームワークと言うか絆の深さが、作品を暖かく輝きに溢れたモノにしてるんだな~って改めて思い至らせるモノばかりでしたよ。

莉奈さんが話された、環季ちゃんと桜田さんのエピソードはそれを端的に示してたと感じましたです、はい!

1会場しかチケットが取れなくて(ここも「力技」でゲット)心がポッキリ折れかかってたのですが、1回だけでも映画と舞台挨拶を見られて本当に良かった!とっても充実した休日になった!ってすっかり元気になったのでした(*^o^*)

 ( 最低でも後1回は観に行きたいなぁって思いつつ 秋山莉奈のオシリーナ気まぐれブログにトラックバック)

|

« 丸ノ内TOEI2 | トップページ | 先取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時代で言うと…「田吾作」だ:

« 丸ノ内TOEI2 | トップページ | 先取り »